FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の日

2月22日は猫の日

最近気がついたけど、絵の中に猫ってよく出てくる
ちょっと前に開催していた、レオナール藤田展

筋金入りの猫好き、猫のいない絵を探す方が大変なくらい、
猫がいる・・
ポートレートがこれ
intro_photo.jpg

この写真はポストカードで売ってました・・・思わず買った!

猫だけじゃなく、いろんな動物もたくさん描いているんですけど
圧倒的に猫が多い!もう、猫だけは特別、たくさんの猫だけの屏風絵とかあったし

この本、見つけて思わず衝動買い・・
膝の上で仰向けに寝転がってる子猫とのポートレート、肩に猫が乗っている自画像、
着物の懐に猫が入ってる自画像
自画像には必ず猫がいる・・・

猫の本―藤田嗣治画文集猫の本―藤田嗣治画文集
(2003/07)
藤田 嗣治

商品詳細を見る


中の文章を抜粋すると

「私は猫を友達としている
(略)
捨て猫でも泥棒猫でも、拾い上げて飼うのである。もっともフランスでは滅多に捨て猫はいないが、それでも年に1回や2回は迷ってくるので、そんなのを飼ってやるのである(略)」

冒頭から友達宣言!

面白いのは猫の展覧会について書いているところ

「巴里ではチューレリィの広庭で、春秋の2回、猫の展覧会(エクスポジション・デュ・シャ)が開かれる(略)私も審査員に選ばれたことがあって、他の審査員と一緒に優勝の投票を行ったことがある(略)出陳頭数はどんなに少なくても300匹から500匹という賑やかさで、規模はなかなか大きい。会場は室内と屋外に設けられ形や毛並みや目の審査の外、歩容の様子を見たりする。猫は優雅に歩を運ぶから、歩容を見逃すことは出来ない(略)」

猫の歩容!キャットウォークの審査なんだ!
へぇ~ ちょっと見てみたい!
そして、隣のページには王冠を被った猫を抱く、藤田画伯と一緒にジャン・コクトーの写真が載っている
優勝猫なんだろうか?

出陳される猫は階級差がないとあるので、今で言うハウスホールドみたいな感じなんだろうか?

現在、国立新美術館で「加山又造 展」が開催されているが、この画家も猫好きらしく、猫の絵が数点あった。
しかもタイトルが「音」。物音に振り返った猫の絵だった、猫好きじゃないと書けない構図だよね~しばし見入ってしまった

画家って猫好き多いのかしら?

藤田画伯が猫を語って
「猫を友達にする訳は、猫は野獣性と家畜性と二つの性質を、持っているので、そこが面白いと思うのである。(略)猫に猛獣の面影のある所がよいのである(略)」

と言っているが、うちの子たちの猛獣性って・・2匹で走り回ったり、追いかけっこはするけど、いたずら坊主ぐらいのレベルだよな~、猛獣では決してないな、まったりしすぎかしら?

タルトはおもちゃも一緒に袋の中に
おもちゃと一緒に納まってます

よく、袋ごと動いて、水入れとかひっくり返していたりします

ガッツはキャリーの中が好き!ごはんが欲しいと猫まっしぐらって感じでキャリーに飛びこんでます。
どこよりも落ち付くらしい。器を外に置くと中に入れてくれるの待ってる
ガッツ食堂

タルトは一番高いところが好きです
高見の見物中
とにかく見える範囲で一番高いところにいるとご満悦

ガッツはどちらかというと地上が好きなようです。
でも時たま、キャットタワーの一番下の段で
安全な場所らしい
僕のことは構わないで下さいとばかりに、
涼しい顔で見下ろしています

猛獣性は・・・ないな(きっぱり!

comment

Secret

カレンダー
<< 10
2018
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

タルトとガッツ

Author:タルトとガッツ
Norwegian Forest Cat
のんびり、昼寝好き 

金魚
黒ねこ時計
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
TOEICボキャドリル

国産小麦シリーズ「たいやきさん」
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
ギョタク
お薦め 猫の本
簡易型ネコの年齢計算機
写真掲示板
我が家の子自慢でもなんでも自由にどうぞ
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。